つぶやき20170124:芸術家とは?

イメージ 1

<私の芸術家像>

芸術の道に精進する者にとって、その道で生み出された作品が金銭という代価に変えることができても、できなくても、その者の精神の信ずるところから生まれ出たものは、芸術であり、その者は芸術家である。

例えば、西洋では誰でも知っているであろう天才レオナルドやミケランジェロは、その才能で身を立てることができた。では、バン・ゴッホやモジリアニはどうであったか?二人とも情熱的に生きたが生活困窮者であった。存知のように、生前は作品もほとんどうれなかった。しかし、芸術で身を立てることは出来なかったが、その生き様は悲劇の天才芸術家として後の芸術家や美術を愛好する多くの人々に、深い感銘を与え続けている。
上記4名は、私が芸術の道を志す動機となった人々でもある。

日本ではどうか? 日本には芸術家という概念が明治以降の近代の所産であるので、そのままイコールではないのだが、一応、中世の仏師運慶・快慶や近世の絵師宗達・光悦を例にとれば、彼らは、その道で身を立てることができた。しかし近現代の苦難の画家として名画を残した佐伯祐三や田中一村の境遇を思うとやり切れない憐憫を感じてしまうのである。

このような芸術家のおかれた境遇が時代によって差異が生じてしまったのには、分析すれば、それなりの理由がある。それは、近代以後の思想や社会の制度の中に最初から解決できていない矛盾があるからなのだ。つまり、象徴的に言えば18世紀末のフランス革命以後の個人の在り方と社会の在り方が洋の東西を問わず、大きく変容してしまったということだ。どこまでも自由を求める近代的自我の目覚めは、勢い感性の優れた芸術家ほど自己中心的な生き方にシフトしてしまい、公的な社会との関係性を築けないまま流され自滅してしまうということになりかねない。一方公としての近現代社会は古代・中世社会にあった絶対的権力というものが瓦解して、文化をパトロネージする存在やシステムが壊れてしまっているので、既成の枠に収まらない芸術家に対して、かつての度量のある擁護ができなくなってしまったというのが真相なのだろう。
以上のことについては、まだまだ粗い考察に過ぎないが、自分自身の問題でもあるし、誰かの役に立つこともあるかもしれない。継続して考えて行きたいテーマである。

ともあれ、現代を生きる芸術家は、社会に過度の期待するのではなく、自らの知恵と力と情熱で、忍耐強く社会に向かって発信し、関係性を構築し、変容させていく。それぐらいのパワーを持ちたいものである。



”現代の美術界についての一考察”(1997・2メモ)

イメージ 1


先日、ネパールでのアートプロジェクトをすべて完了し、無事帰国した。人はいざ知らず、私にとっては、一世一代の大仕事であった。いろいろな意味で感慨深いプロジェクトであった。
ちょうど一年前の今日、母と今世の別れをして、一年がたつわけだが、今もその愛を感じているというのは、感傷的すぎるであろうか?
 ともあれ、今は少し冷静な気持ちになって過去と向き合える気分になっているのである。そんな時、昨晩ふと書棚に目をやったら、田植プロジェクトを始める動機を綴った一文に目が止まった。「”現代の美術界についての一考察”1992.2」とある。ちょうど20年前の文章で、やや声高で稚拙なマニフェストという感を免れないが、今回はこの一文をここにきちんと清書しておきたいと思う。このような思いに至った動機は、植木雅俊著「仏教学者 中村元」を読んだせいもあるかもしれないが、前々からため込んでいた他愛のない備忘録をキチンと記録しておきたいという思いがあったにも関わらず、さぼっていたというのが正しいだろう。今回そのレージーな性格をこの本が鼓舞してくれたと言う訳だ。

ー1997年2月メモー”現代の美術界についての一考察” (セツ・スズキ:マニフェスト)

「近代以後、現代までの美術の世界は、社会の現状にあまり関心を払ってこなかった。あくまで個を主体とする世界だけに注意を払い、政治的、社会的問題には目を向けようとはして来なかった。(それは、古の祭祀や宗教的なものの衰弱と軌を一にしている)特に日本ではこの傾向が強い。
 表現の世界が社会の安定、平和、人権の尊重という基盤があってこそ、成り立っているものなのに個の殻の中に閉じこもって夢想や観念に終始する者があまりに多い。
よくも毎日、激流ともいえる情報が流入してくるというのに、やれ色彩がどうだ、形がどうだ、空間がどうだ。と言うだけで終わってよいはずがない。少なくとも私はそうありたくない。声をあげて社会の真の現実、構造実態を身をもって告発し、何らかの現状打破への動機を作りたいと思う。
 また、美術(アート)を受け入れるシステムの側にも問題はある。それは多分に営利と関係していて、この国の美術産業、企業のPR事業であるメセナにしても、社会的なこと、政治的なことには弱腰ですぐダンマリを決め込んだり、無視、毛嫌いする。アンガジュマンという言葉があるが、今こそ多くの知識人と称される人々は具体的に動くべきなのだ。単なる観念だけの思想家や評論するだけの批評家では、もはやこの国の現状を好転させる力とはなり得ない。
 今最も大切なことは、自律した精神が社会の現状と切り結び、問題提起し、覚醒したポジティブな人間のネットワークを作ることなのだ。一人の人間の力は、微弱であるが目覚めたる一人と一人が出会い、共鳴し、より大きな波動となって現実の重い扉が開かれんことを願う。」

次回:田植プロジェクトの動機

posted by 雪山童子 at 11:43Comment(0)日記