(2)SETSU SUZUKIドローイング&ドキュメント展

イメージ 1

2)SETSU SUZUKIドローイング&ドキュメント展


ダッカ大学付属美術館 Zainul Gallery 2011.11.8からのHuman Towerの展示と同時開催。

   

プロジェクトの記録とセツ・スズキの過去13年間のドローイング作品50点を選択展示。展示期間が1週間と短期であったが、連日、学生、報道陣、関係者、一般市民の来訪が多く、さまざまな意見と賛同の声を聞くことができた。最終日には、最近のバングラデシュ経済の活気を反映してか、若手実業家コレクターも来訪し、数点購入。大きな関心を寄せてくれた。



posted by 雪山童子 at 16:19Comment(0)日記

田植プロジェクト2010-11イン・ベンガルの報告

イメージ 1

大変ご無沙汰していたのだが、バングラデシュ、インド2カ国にわたる田植プロジェクト2010-11イン・ベンガルのレポートを少々。もともと気ままなブログと思っているので、読者がいれば諒解いただきたい。


 まず、第1会場 ダッカ大学美術学部内キャンパスにおけるインスタレーション、ドローイング&ドキュメント展


 1)Human Tower   4000mm×4000mm×5500mm 


   ダッカ大学美術学部内キャンパス 


  日本から船舶輸送した作品「RAKAN」1000点による、立体構成作品。その意図するところは、2009年7月のバングラデシュ初訪問の印象をコンセプトにしたもので、組み立てから完成までを公開展示した。日本からの船舶輸送は、困難を極めたが、期限ぎりぎりに到着し、多くの美術学部教師、学生のアシストを得ながら、ほぼ1週間で無事完成。この間、制作スタジオ内での盗難などのアクシデントにも遭遇して落ち込んだのであるが、ホスト(大学)の献身的サポートと訪れる市民、学生たちの期待の顔に大いに励まされたのであった。また、作品には、その地域性も考慮して、現地にある豊富でリーズナブルな竹をその支柱に使用し、作品の一部とした。


posted by 雪山童子 at 15:58Comment(0)日記